AZ 狭所用オイラーDX ソフトノズル PN017でチェーン注油

新発売のAZ 狭所用オイラーDX ソフトノズル PN017を使ってみました。

まだチェーン注油には早かったのですが狭所用オイラーDX ソフトノズルを使ってみたくなりスーパーカブのチェーンに注油してみました。

新発売のAZ 狭所用オイラーDX ソフトノズル PN017です。

ノズルが柔らかく曲げることができるようです。またノズルの根元をゆるめることで、量を調整できま
す。


不着や破損の補償はありませんが普通郵便であれば送料が無料です。

AZ 狭所用オイラー 15ml DX 15ml ハード針ノズルタイプよりもノズルが長いです。

ノズルが簡単に曲がります。

並べるとノズルが長いため容器が細く見えますが容器は同じようです。

ノズルを付け替えました。

これくらい曲げると外プレートと内プレートの間、ローラーとプレートの隙間をチェーンの内側から注油できます。
ストレートノズルでは車体側の外プレートと内プレートの間、車体外側のローラーとプレートの隙間は内側からは注油しにくく外側から注油していました。
CPO-Rは浸透するのであまり問題ではないとは思いますが気分的に内側から注油したくなります。

ノズルの根元で量を調整できますが冬はオイルが硬いため緩めいないとオイルが出てきません。
そのため一滴が夏よりも多くなりオイルの消費量が増えてしまいます。
温めればよいのですが面倒なのでやっていません。

ノズルは柔らかいですがキャップは固いです。そのため曲げたままでは収まりません。ノズルを伸ばせばキャップを付けられますが何となく曲げ伸ばししたくありません。またキャップを付けても先に穴が開いているのでノズルに埃が付くと思います。

ゴムチューブがあればよいのですがないのでストローをライターであぶり閉じて短く切りこんな感じのキャップを作りました。

チェーンメンテナンスのオイル派の方にはお勧めです。

コメントをどうぞ

記事